ホーム > 運動会開催までの流れ

運動会開催までの流れ

  1. 90日前

    まずは、会場探しと日程調整から…

    公共のグランドや体育館は殆どが抽選となります。
    参加人数から適正な会場を探します。
    日程の調整は参加人数が多く募れる業務閑散期や
    お子様が参加しやすい夏休みや冬休みなどお勧めです。

    予算はどれくらい?

    一般的には参加人数に対しての単価で考えると良いでしょう。
    1人あたり3000円~15000円くらいが多いです。
    この場合どこまで会社で負担するかがポイントとなります。

    告知活動の開始

    事前準備の段階から社内の雰囲気を盛り上げることが大切です。
    それには多くの人を巻き込むことが重要となります。
    出来るだけ早い段階から実行委員会等を立ち上げて
    社内の雰囲気を盛り上げていきましょう。

  2. 50日前

    どんな内容にする?

    参加者全員が楽しく有意義な一日を過ごせる事が大切です。
    その為には参加者の構成を考慮した内容が要求されます。
    参加者全員が1日2~3回出場できるように競技数、レース数を設定します。
    1日に8~12競技程度が標準です。全体の流れを考慮して
    プログラムにメリハリをつけていきます。
    綱引きやリレーなど団体競技をヤマ場に持ってくると効果的です。
    またトラック競技とフィールド競技を交互に行うと
    用具の準備や進行がスムーズに行きます。

  3. 30日前

    スタッフ・出場者の参加人数は?

    この頃には最終的な参加人数が確定できチーム編成・スタッフ編成を
    していきます。チーム編成を発表することにより各々がチーム別に練習できる
    時間を設けます。プログラムが確定したら会場プランを策定します。
    ここではプログラム以外のお子様用の遊具やアトラクション・模擬店など
    レイアウトがポイントとなります。

  4. 20日前

    お楽しみはお弁当やたくさんの景品

    当日のお弁当や模擬店の中身を最終決定します。
    お弁当は松花堂弁当から季節のお弁当、模擬店は
    定番の焼そば・フランクフルト・たこ焼きからハンバーガー・ピザ・ホットドッグ、
    飲み物はソフトドリンクからビールまでと多岐に渡ります。

  5. 1週間前

    準備はOKですね

    参加者の最終人数を確認します。
    参加者にプログラムを配布します。
    運動会のBGMなど抜かりはないですか?

  6. 当日

    さあ、運動会をご堪能ください!

3,000件以上の実績はこちら

プロが教える運動会を成功させる秘訣

お問合せはこちら